🖥 CLI

Commands

Serve

開発サーバーを起動します。ファイルを変更するとアプリが自動的に再構築され、迅速な開発のために hot module replacement がサポートされます。

parcel index.html

また、複数のエントリポイントに対して glob または glob のリストを渡すこともできます。

parcel one.html two.html
# OR
parcel *.html
# OR
parcel ./**/*.html

Build

アセットを一度ビルドします。また、ミニファイを有効にし、 NODE_ENV = production環境変数を設定します。 詳細については Production を参照してください。

parcel build index.html

NOTE: 特別なユースケースでは、次のように development 環境から単一のビルドを実行することもできます。

NODE_ENV=development parcel build <entrypoint> --no-minify

serve と同じバンドルを作成しますが、アセットの監視や配信は行いません。

Watch

watchコマンドは serve に似ていますが、主な違いはサーバーを起動しないことです。

parcel watch index.html

Help

利用可能なすべての cli オプションを表示します

parcel help

Version

Parcel のバージョン番号を表示します

parcel --version

Options

出力ディレクトリ

デフォルト: "dist"

利用可能: serve, watch, build

parcel build entry.js --out-dir build/output
# or
parcel build entry.js -d build/output
root
- build
- - output
- - - entry.js

公開する URL を設定する

デフォルト: "/"

利用可能: serve, watch, build

parcel entry.js --public-url ./dist/

出力:

<link rel="stylesheet" type="text/css" href="dist/entry.1a2b3c.css" />
<!-- or -->
<script src="dist/entry.e5f6g7.js"></script>

Target

デフォルト: browser

利用可能: serve, watch, build

parcel build entry.js --target node

⚠️ 対象が node と electron の場合、 package.json の dependencies はバンドルしません。 この動作は --bundle-node-modules フラグを使って上書きできます(以下を参照)。

可能なターゲット: node, browser, electron

node modules の強制バンドル

デフォルト: false

可能なターゲット: serve, watch, build

parcel build entry.js --target node --bundle-node-modules

デフォルトでは、 --target node または --target electron を使用する場合、package.json の dependencies は含まれません。 このフラグはそれらをバンドルに追加します。

キャッシュディレクトリ

デフォルト: ".cache"

利用可能: serve, watch, build

parcel build entry.js --cache-dir build/cache

ホスト

デフォルト: localhost

利用可能: serve

parcel serve entry.js --host local.myhost.co.uk

ポート

デフォルト: 1234

利用可能: serve

parcel serve entry.js --port 1111

ログレベルの変更

デフォルト: 3

利用可能: serve, watch, build

parcel entry.js --log-level 1
Loglevel Effect
0 ログは無効
1 エラーのみを記録する
2 エラーと警告だけ記録する
3 エラー、警告、情報を記録する
4 Verbose (タイムスタンプを使用してすべてをログを記録
し、http リクエストを dev サーバーに記録します)
5 debug (すべてをタイムスタンプ付きのファイルに保存)

HMR ホスト名

デフォルト: 現在のウィンドウの location.hostname

利用可能: serve, watch

parcel entry.js --hmr-hostname parceljs.org

HMR ポート

デフォルト: 利用可能なランダムなポート

利用可能: serve, watch

parcel entry.js --hmr-port 8080

出力ファイル名

デフォルト: 元のファイル名

利用可能: serve, watch, build

parcel build entry.js --out-file output.html

これにより、エントリポイントバンドルの出力ファイル名が変更されます

詳細レポートを表示する

デフォルト: 最小のレポート、あるいは深さ 10

オプションの引数は、表示の深さを指定します。

利用可能: build

parcel build entry.js --detailed-report
parcel build entry.js --detailed-report 10

https を有効化

デフォルト: https は無効

利用可能: serve, watch (HMR 接続を HTTPS で待ち受ける)

parcel build entry.js --https

⚠️ このフラグは自己署名証明書を生成します。localhost の自己署名証明書を許可するようにブラウザーを構成する必要がある場合があります。

カスタム証明書を設定する

デフォルト: https は無効

利用可能: serve, watch

parcel entry.js --cert certificate.cert --key private.key

ブラウザを開く

デフォルト: open は無効

利用可能: serve

parcel entry.js --open

source-maps を無効にする

デフォルト: source-maps は有効

利用可能: serve, watch, build

parcel build entry.js --no-source-maps

コンテンツハッシュを無効にする

デフォルト:コンテンツハッシュは有効

利用可能: build

parcel build entry.js --no-content-hash

自動インストールを無効にする

デフォルト: 自動インストールは有効

利用可能: serve, watch

parcel entry.js --no-autoinstall

HMR を無効にする

デフォルト: HMR は有効

利用可能: serve, watch

parcel entry.js --no-hmr

minification を無効にする

デフォルト: minification は有効

利用可能: build

parcel build entry.js --no-minify

ファイルシステムキャッシュを無効にする

デフォルト: キャッシュは有効

利用可能: serve, watch, build

parcel build entry.js --no-cache

モジュールを UMD として公開する

デフォルト: 無効

利用可能: serve, watch, build

parcel serve entry.js --global myvariable

実験的な scope hoisting/tree shaking サポートを有効にする

デフォルト: 無効

利用可能: build

parcel build entry.js --experimental-scope-hoisting

詳細については、 Parcel 1.9 に関する Devon Govett の記事 Tree Shaking section を参照してください。

Help us improve the docs

If something is missing or not entirely clear, please file an issue on the website repository or edit this page.